変わる人のブログ

より高みを目指す、ワンランク上のおっさんを目指す人のブログです。

帰省中にやらかしたこと

こんにちは、変わる人です。

 

夏休みを利用して僕の実家に帰省しています。

 

帰省するといつもそうなのですが、帰省したからといって何をするわけでもなく、息子の顔をみせてあげるくらいしかすることがありません。

 

しかし!今回の僕はあるサプライズを用意していたのです!それは、、、

 

iPadの修理!

 

ウチの両親は兄夫婦がプレゼントしたiPadを持っていて、孫の写真とかをiPadで見る野を楽しみにしているのです。先日そのiPadを落としてしまい画面がこれ以上ないほどにバッキバキに割れてしまったのです。

 

 f:id:kawaruhito:20170818055958j:image

 

画面が割れただけなのでなんとか使えてはいるのですが。。。

母はすごく落ち込んでしまったので(母が落として割ったから)修理に出そうとしたのですが、修理に3万円近くかかるとのこと!

新品のiPadが37,000円ですよ!騙されてるのでは?と疑いたくなりましたが、どうやら最近のiPadはガラスと液晶パネルが一体化されているらしく、ガラスが割れると液晶もセットで交換だそうです。その液晶が高いらしく、修理代が高額になるとのことでした。

 

修理に3万円はちょっと。。。ということで僕が修理してあげようと考えました。

僕ってなんてOYA-KO☆KOなヤツなんだ ( ´∀`)

 

Amazonで修理キットを探すとなんと5,000円で交換用タッチパネルデジタイザーフロントガラスというのが売っている!これでいいじゃん!安いじゃん!3万円てなんだったんだよwwww

 

ということで即ポチり、意気揚々と帰省し、修理を開始したわけですが、これが間違いの始まりだったのです。。。

 

バキバキに割れたiPadのガラスを完全に除去し液晶パネルを取り外す。画面を外したiPadってなこんな感じ。

 

f:id:kawaruhito:20170818060133j:image

 

さてここでAmazonで買った交換用タッチパネルデジタイザーフロントガラスを取り出し......

 

おや?これはただのガラスでは?液晶パネルは??…入ってない。液晶パネルが入ってないやんけ!

よくよく調べたら僕が買ったのは液晶パネルはセットになってないらしい。(´・ω・`)

 

どうしよう。液晶パネルは取り外すときに完全にぶっ壊しちゃったから元に戻せないし。

 

ただただiPadを壊しただけ!

なんてOYA-FU★KO!(゚∀゚)アヒャ

 

さすがに壊した状態で終了、というのは申し訳ないのでガラスと液晶パネルのセットをネットで探しましたが、なんと販売しているところはほとんどなし。。。

あきらめかけていましたが、なんとメルカリで見つけることが出来て無事購入できました。たぶんこれで直せるはず。二日後に到着ということなので直せたかどうかは後日の記事で。乞うご期待。

 

それにしても、Amazonで購入した「交換用タッチパネルデジタイザーフロントガラス」って商品名が思わせぶりィ!

いかにも直せそうな雰囲気を醸している。

中国政府ばりに強烈な不満を表明したい。(#^ω^)

 

まあ、良く読んでなかったこっちが全面的に悪いんですがね!(゚∀゚)アヒャヒャ

 

では、また。

 

知識をインプットするのはいいんだけど…

こんにちは、変わる人です。

 

最近は本やセミナーでいろんなことを学んでいます。こんなに勉強してるのは人生初。大学入試のときより勉強しています。

 

学んでいるのは大きく分けると3つ。

・整体

・心理学

・IT

 

まずは整体。素人にもかかわらずセミナーに参加させて頂き感謝です。

セミナーの様子は過去の記事に書いています。(今気づいたけど、過去2回のタイトル同じだった。)

 

kawaruhito.hateblo.jp

  

kawaruhito.hateblo.jp

 

 

心理学にも興味があって本やセミナーで学んでいます。(先日参加した心理学セミナー2の様子も後日投稿します。)

2016年10月にメンタルをやられて休職した時に、メンタルの不調が身体に出たり、体の不調がメンタルに影響することを身をもって体験しました。

心と体を別々のものと捉えるのではなくて一つのものと考えたほうがいいんでしょう。

また、7ヶ月かかって復職した時も心理学の知識が支えになってくれました。

 

あとはITも勉強してます。本職ですからね。

と、カッコつけて言いましたが、恥ずかしながらプライベートの時間を割いて本職の勉強をしたことは資格試験前くらいで、ほとんど勉強してきませんでした。

 

とまあ、色々と勉強してインプットをしているわけですが、一つ気がかりが。

それはアウトプットの量が少ないこと。

 

もちろん、学んだことをノートにまとめたり、整体の技を奥さんで試させてもらったりとアウトプットはしているつもりです。

 

でもなんというか、それもアウトプットと言えなくはないけど、そういうことじゃない。身の回りの狭い範囲で実践してるだけ。安全な範囲で自分のできることしかしない。それも練習としては悪くないんだろうけど進化のスピードが遅いような気がします。

もっと自分の知識と技術と経験が試されるような、そういうアウトプットをすればいいのかなぁ。例えば家族以外の人に整体の施術をさせてもらうとか。そうすれば、奥さんに施術するよりもっと神経を使うだろうし、何か聞かれた時に答えられないと焦るだろうし、恥もかく可能性もあるだろうから必死になるだろうし。

そういうのって大変だから嫌なんですけど、だからこそ進化のスピードが速くなるんじゃないかなぁと思います。

 

と、最近はこんなことを悶々と考えています。とはいえ、段階ってもんがあるし、整体も心理学も気軽に他人に使っていいものではないと思うので、こんな悩みが出てくるようになったのも進歩しているからだと前向きに捉えて、できる範囲で少しずつやっていくのがいいんでしょうね!

 

そう考えるとITは誰かの身体や心を傷つける心配がないですから、大いにあたって砕ける事ができる。自分を試すアウトプットの練習がしやすいものですね!給料をもらいながら練習ができるなんてラッキー!(゚∀゚)アヒャ

 

ちなみに「家族以外の人に整体の施術をさせてもらう」というアイデアをあたかも自分で考えたかのようにさらっと書きましたが、実は整体セミナーを一緒に受講しているTさんに言われたことなんです。そもそもこの悩み自体Tさんに言われた事がきっかけで考え出したことなんです。こんな指摘をしてくれる方が近くにいるなんてこれまたラッキー!

 

とにかくここから数年は学びの年です。我が家の書斎には浅草寺で買った学業のお守りがあります。そのお守りに認めてもらえるように努力したいと思います。( ・`ω・´)シャキーン!

 

f:id:kawaruhito:20170814211524j:image

整体セミナー打ち上げ@百々亭

こんにちは、変わる人です。


ブログ更新をだいぶサボってしまいました。

 

今回は整体セミナー後の打ち上げの様子をレポします!

 

今回の打ち上げで伺ったのは大井町蕎麦屋、百々亭さんです。

 

お通しのおひたし。

f:id:kawaruhito:20170812202825j:image

 

鳥の竜田揚げ。ジューシー( ´∀`) 

f:id:kawaruhito:20170812202844j:image

 

そしてこのぴょこぴょこ焼き。

うずらの卵をめんつゆに漬けて焼いた逸品。

これは美味い!味はもちろん食感もいい。

どんな食感かというと、なんというか、皮見たいな感じになってでプチっという感じです!

(自分でも驚くほど表現がヘタ!)

 

f:id:kawaruhito:20170812203215j:image

 

美味すぎて一人3本ずつ注文しちゃいました。

この日最もうずらの卵が消費されたのはこの店でしょう。 

f:id:kawaruhito:20170812205809j:image

 

 

トウモロコシの天ぷら。甘くてサクサクあったかい。

f:id:kawaruhito:20170812203337j:image

 

 にんにくとシシトウ串焼き。ほくほくで香りが良い。

 f:id:kawaruhito:20170812203443j:image

 

蕎麦サラダ。サラダの下に蕎麦が隠れていると言う。蕎麦屋さんならではなサラダ。

f:id:kawaruhito:20170812203453j:image

 

ここからは僕は満腹で頂けなかったメニューたち。次回こそはいただきたい。

 

お餅をめんつゆで頂く乙な逸品。

f:id:kawaruhito:20170812211519j:image

 

そしてシメのお蕎麦。 食べたかったなぁ(・ω・`)

f:id:kawaruhito:20170812203552j:image

 

いやぁ、今回はちゃんとした食レポを目指しましたが自分の表現力の無さに驚きましたよ!

 

美味しさが伝わってこないと感じた方は是非ご自身の舌で確かめに行ってください!

美味しいことには間違いないですから!

 

では、また。

 

 

整体の講座に参加してきました。

こんにちは、変わる人です。

 

昨日は整体の講座に参加してきました。

 

今回のテーマは首。

首はよく動く分、無理をしてしまいがちな部位。かく言う僕も首の凝りにはいつも悩まされています。

 

座学で理論を学んだ後は、いよいよ実技。

まずは講師の宮崎先生のお手本を見るところから。首は神経や血管が多く通っていて特に慎重な施術が必要な箇所。意識を集中させて学びます。

 

 f:id:kawaruhito:20170809212219j:image

 

f:id:kawaruhito:20170809212602j:image 

 

 

続いては上部胸椎の施術の実技。肘で施術しつつ何層まで圧が届いているかを感じ取ります。

f:id:kawaruhito:20170809213513j:image

 

この層というのを感じるのが素人の僕にとってはハードルが高い。講座を受け始める前の僕なら「層って何?」感じでした。

 

しかし!

 

昨日の僕は一味違いました。

上部胸椎付近については層と言うものを感じ取れたのです!

肘で押圧してしばらくすると硬かった筋肉が弛緩してその下の硬い筋肉が現れた!みたいな。

 

上部胸椎が特に感じやすい部分だったのかもしれませんが、進歩が感じられるのは嬉しい!( ´∀`)

 

 

最後は横向きの姿勢で臀部の筋肉を押圧する技。

f:id:kawaruhito:20170809214501j:image

 

これは古くからある技だそうです。

この技は受けたときの刺激も分かりやすいし、見た目的にも施術された感が強くて患者さんの満足度も高いんじゃないかなぁと思います。

 

ということで、いつもながら内容の濃い5時間でした。

 

記憶が薄れる前にノートを清書しなくては。

 

講座後の打ち上げのレポは次の記事で。

 

では、また。

コミュニケーションって大事だなぁという話。

どうも、変わる人です。

 

僕はシステムエンジニアをやってるのですが(へなちょこですけどね)、システムをつくるって本当に大変です。

技術的な問題も大変なんですが、それ以上にコミュニケーションにおける問題がけっこう有ります。

 

「顧客がほんとうに必要だったもの」というIT業界では有名な話というか絵があります。

この絵は顧客が説明した要件を聞いた関係者がそれぞれ違った思い違いをしているというものです。

 

 

 顧客は三段のブランコが欲しいと説明したのに、

 

  • プロジェクトリーダーはブランコというものを理解していない。
  • アナリストは必要以上に大げさなものをデザインする。
  • プログラマーは壮大な勘違いをしている。
  • 営業は出来もしない約束をしてしまう。
  • プロジェクトの書類は何一つない。
  • 実装された運用(完成したシステム)はほとんど使い物にならない。
  • 顧客への請求金額は莫大。
  • 得られたサポートはわずか。
  • 本当に必要だったものはシンプルなタイヤの遊具だった。

 

 と、いかに目に見えないものを言葉で表現することが難しいかをユーモアたっぷりに教えてくれています。

 

面白いのは「顧客が説明した要件」と「顧客が本当に必要だったもの」 が違うところです。

顧客も自身が必要なものを正しく理解していないということですね。

ましてや別会社のシステムエンジニアが「顧客が本当に必要としているもの」を理解するのは難しいことです。

 

でもこれってITに限らず、どの仕事(もしかしたら全ての人間関係?)においても同じなんじゃないかなぁと感じます。

 

お互いに理解し合うというのはただでさえ難しいことです。

だからこそ、

「自分の考えをわかりやすく伝えて、相手の考えを慎重に理解しようとする」

という面倒くさい作業を丁寧にやることが大切なんだなぁと思いました。

スピード化するのは当然いいことですが、ここを疎かにするとよくない結果を招くように思います。

 

なんか今回の記事は自分の考えを書き出して整理しただけだなぁ。わざわざブログに書くまでもないような。。。まぁいいか!(゚∀゚)アヒャ

 

では、また。

 

 

体調を崩さないために。

どうも、変わる人です。

 

1週間働くと上半身(特に背中、肩、首)に疲労がたまり痛みが出てきます。

子供の頃から姿勢が悪くいつも痛みに悩まされていました。

なんとか姿勢を正そうと気をつけるのですが、やはり仕事に集中してしまうと悪い姿勢になります。

 

こちらのサイトで紹介されているダメな座り方。

officechair-net.com

 

f:id:kawaruhito:20170806200902j:plain

僕は常にどちらかの姿勢をしています。

そらぁ、体も痛くなるってもんだ。

何か対策を考えねば。

 

そこで考えた作戦が「同じ姿勢を続けない大作戦」です!

 

正しい姿勢を持続するのは大変なので、悪い姿勢を続けないという発想に切り替えました。

10分に一度、体を動かして姿勢を変えるようにしました。

すると、一週間働いたときの痛みがかなり減ったのです!

同じ姿勢でいるって言うことがいかに身体に悪いか身をもって知りました。

 

ちなみにぼくはこれを使って10分ごとにPCに通知を表示しています。

 

chrome.google.com

 

これはWebブラウザのchrome拡張機能です。

指定した時間のタイマーを指定した回数ループしてくれます。

指定時間毎に音と表示で通知してくれるのですが、音は消すこともできるので職場でも使いやすいです。

(最初はスマホのタイマー機能を使おうと思ったのですが、10分ごとに音やバイブが鳴ると周りに迷惑なのでやめました。)

 

デスクワークの方で身体の痛みに悩んでいる方は是非試してみて下さい。

 

では、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

夢をかなえるゾウ その2

 

 こんにちは、変わる人です。

 

先日に引き続き、この本の話題です。

 

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

 

 

 僕がグッと来たところ、二つ目はこれです。

 

「今まで無理やったら、これからも無理や。変えるならそれは『今』や。『今』何か一歩踏み出さんと。自分それ、やらんまま死んでくで」

 

僕は大学生の頃に自分が嫌になり、自分を変えたいと心から思いました。

でも変われないまま、気づいたら大学を卒業して社会人になっていた。

その時は社会人になったのを機に変わろうと心から思いました。

で、変われないままアラサーに。

その時、気づいたのです。このままだと何歳になっても同じことを繰り返すのではないか。

いつまでも「過去」を後悔して「未来」に期待するだけ。結局変われないまま死の間際に人生を後悔するのでは。。。

 

このままじゃマズい!なんとかしなきゃ!

 

そんな想いの中、僕がお世話になっている方にその時悩んでいたことを相談しました。

これ、僕の中ではかなり思い切った行動でした。(誰かに相談するっていうことすらできないような人間だったんです。。。)

 

すると相談した方が僕が現在整体セミナーでお世話になってる宮崎先生を紹介してくださいました。そして、宮崎先生に会いに行くとあれよあれよ言う間に人生が(いい意味で)動き出しました。

 

それは周りの人達に恵まれただけ。

たまたまタイミングが良かっただけ。

たまたま僕がラッキーだっただけ。

 

その通り。そう言われればそれまでです。それでも当時の僕が「お世話になっている人に相談する」という自分としては思い切った"行動"をしたからこそ掴んだ未来です。

 

どんなに恵まれた環境にいても自分が行動しないと掴めるチャンスも掴めないんだと身をもって思い知りました。

 

いま思えば、「お世話になっている人に相談する」ということが、この本に書かれている「今何か一歩踏み出すこと」になっていたんですね。

行動するのは「今」。「未来」を変えるには「今」行動するしかない。

 

自分が身をもって感じていただけに心に刺さった一文でした。

 

では、また。