変わる人のブログ

より高みを目指す、ワンランク上のおっさんを目指す人のブログです。

読書のチカラ その1

どうも、変わる人です。

 

齋藤 孝さんの「読書のチカラ」、読了しました。

読書のチカラ (だいわ文庫)

読書のチカラ (だいわ文庫)

 

 

この本はタイトルのとおり、読書することの効果や効能を述べた一冊です。

読書をしない人に対する危機感を時に厳しい言葉で表現しています。

 

 

僕がぐっときた所を紹介します。

 

まずはこれ。

 

「頭がいい」とは、
ものごとの本質をすばやく掴み、
優先順位をつけ、
自分の能力とすり合わせて判断し、
行動をきちんと選択できること
を指す

 

なるほどー。齋藤先生の「頭がいい」の定義。

 

 

優先順位をつけ、
自分の能力とすり合わせて判断し、
行動をきちんと選択できること

 

これはすんなり納得。自分の能力や時間は有限なので、今の自分に能力的にできることは何か、最も重要なのは何かを整理し行動する事が「頭がいい」ということ。

「行動を選択する」まで含まれているところが良いですね。行動しないのであれば頭がいいとは言えないということですね。

また、この定義では行動の結果は問われていません。行動した結果失敗に終わったとしても、上記の定義に沿っていれば頭がいいということだと僕は理解しました。失敗から学ぶという行動を選択できればいいわけです。(失敗ばかりの僕としては勇気づけられる!)

 

 

さて、問題はここから。

 

物事の本質をすばやく掴む

 

恥ずかしながら本質を掴むというのがどういうことなのか、実はよくわかっていないんです。

今のところの僕なりの理解は、本質とは「無駄を削ぎ落として最後に残るもの」です。

だから、何が無駄なのかを知っていて判定する能力が必要なんだと思います。

うーん、自分で書いていてイマイチ。グッと来ないな。「本質」ってテーマで1記事書きたいな。ブログのネタ見っけ!(゚∀゚)アヒャ

 

他にもグッときたところがあったのですが、ここまででまあまあの文量になったので続きは次回。

 

ということで、今日はここまで!

 

では、また。

 

 

友人を招いてホームパーティをしました!

こんにちは、変わる人です!

 

昨日は友人を招いてホームパーティをしました。

 

ホームパーティと言ってもみんなが美味しいものを持ち寄って呑み食いするというだけです。

 

それだけでも気心知れた仲間なので楽しいのです。

 

今回来てくれた友人たちは学生時代のアルバイトの仲間です。オープニングスタッフだったので当時から仲が良く、みんなが社会人となった今でも付き合いが深い人たちです。

 

かれこれ12年ほどの付き合い。これからも仲良くしてもらえると良いなぁ。

 

社会人になってからの友人たちもそれはそれで貴重な人たちですが、学生時代の友人は一味違う。利害関係のない、純粋な仲間という感じ。

 

楽しい時間と仲間に感謝!

 

では、また。

広告に500円硬貨が使われる理由

どうも、変わる人です。

 

ニュースアプリを眺めてたらある事に気付きました。次の画像ご覧ください。

 

f:id:kawaruhito:20170729081326p:image

 

f:id:kawaruhito:20170729081330p:image

 

皆さんお気づきでしょうか? (っていうかタイトルに書かれてますもんね。。。)

 

そうです、それぞれの画像には借金返済の法律相談の広告が掲載されていますが、どちらも画像に500円硬貨が使われているのです。

 

これを見たときに僕はとても気になったんです。

 

500円玉で借金する人なんていないんだからそこは一万円札でしょ。なんで500円玉なの?

 

おそらく偽札関連の問題で画像に紙幣を使用するのがNGなんだろうと推測。

でも画像に使用するだけでもダメなのか?硬貨は使用していいのか?と疑問が湧いてきます。

 

少し調べてみたら、財務省が答えを教えてくれてました。

 

http://www.mof.go.jp/faq/currency/07af.htm

 

日本銀行券(紙幣)や貨幣(硬貨)と紛らわしい外観を有するものの製造又は販売は「通貨及証券模造取締法」により禁止されており、抵触する場合は、事後において警察当局の取締りの対象となります。

 

とあるので、紙幣だけでなくも硬貨も製造・販売することは当然のことながらNG。

でも、画像に使用するのは製造でも販売でもないのでいいのでは?

 

 

また、デジタルカメラ等で撮影したこれらの画像データをホームページやブログに掲載した場合については、その行為自体は「通貨及証券模造取締法」の取締りの対象とはなりませんが、掲載した写真が印刷された場合には、同法に抵触する可能性がありますので、十分ご注意下さい。

 

さすがは財務省。僕の考えが読まれているかのごとく回答されていました。 

要は広告に使っても法に触れることはないが、それを印刷された場合に法的責任を問われるということか。

であれば、紙幣か硬貨かは関係なくお金を広告画像に使用するのはリスキーじゃないか?これも答えが用意されていました。

 

 

これらは、図柄の模擬の程度、大きさ、材質、「見本」の文字、斜線の有無などから総合的に判断されることになります。

 

法に触れるかどうかは明確な基準があるわけではなく総合的に判断されるとのこと。

ここでのポイントは「材質」。紙幣は文字通り紙なので画像を紙に印刷するとかなりホンモノに近いものが出来ます。

しかし、硬貨の画像を紙に印刷したところで明らかに材質が異なる。

仮に広告画像が印刷された場合でも

 

「明らかに材質が異なるので法には触れないでしょ!( ー`дー´)キリッ」

 

という言い訳ができるということですね。

さすがは法律事務所の広告だけあって、そういうところまで気にしてるんですねぇ。(僕の勝手な推測ですが)

 

 

ということで結論としては、

 

画像に紙幣や硬貨を使用するのは違法ではないが、それが印刷された時に法に触れる可能性がある。ただし、硬貨の場合は紙に印刷したところで材質が明らかに異なるので法に触れる可能性は低い。

 

という感じですかね。

 

 

ちなみに、財務省の回答の中に「日本銀行券(紙幣)や貨幣(硬貨)」とあります。

僕は貨幣というと紙幣も含めたお金全般のことを言うんだと思っていた無知な人間なので硬貨と紙幣の違いについて調べて見ました。

 

硬貨と紙幣の違い=政府通貨と銀行券の違い - ネコでもわかる経済問題・総合

 

ふむふむ。簡単に言うと紙幣は日本銀行が発行してて、硬貨は政府が発行している。

その理由を調べてみると紙幣を政府が発行すると政府の権力が強くなりすぎる的な回答が見受けられました。

 

なるほど。これでまた一つ賢くなった。(´∀`*)ウフフ

 

では、また。

 

 

 

 

てあしくちびょう!

こんにちは、変わる人です。

 

0歳9ヶ月になる息子が手足口病にかかりました。子供が体調崩したのはこれが初めてだったのでかなり焦りました。。。

 

聞くところによると、赤ちゃんは生まれた時はお母さんからもらった免疫に守られているのですが、9ヶ月位になると徐々にお母さんの免疫が弱まってくるそうで体調を崩しやすくなるんだそうです。

 

夜の9時ぐらいになったら子供の体温が異常に高いことに気づいて、体温を測ってみると 39.4度もある! Σ(゚д゚lll)

 呼吸と心拍がすごく早い。

 

代われるものなら代わってあげたい。

自分が子供だった頃、風邪をひくと親にこう言われて何とも思わなかったけど、いざ自分が親になると本心で代わってあげたいと言っていたんだなぁと分かりました。

自分が苦しむ事よりも子供が苦しんでるほうが辛い。。。

 

夜間にやってる病院に行って解熱剤だけもらって(この時点では夏風邪と言う診断でした。)飲ませたけどあまり効果なし。

 

夜中も泣きっぱなしで奥さんも夜通し看病。すると明け方には徐々に体温が下がっていったそうです。

なんとか山は乗り切ったみたいで良かったー。

 

まぁこれも子供が自分の免疫を作るために超えるべき山だったのでしょう。そして見事乗り越えていきました。なかなかやるじゃないか、息子!

 

それにしても手足口病ってひらがなにするとかわいいですね

 

てあしくちびょう

 

 では、また。

 

 

人に聞くと自己解決するという現象、アレってなんなの?

こんにちは、変わる人です。

 

人に聞くと自己解決するという時があります。

簡単な例えをすると「実行ログを見ると結果はAなはずなのに実際の結果はB。なぜだ?」

という感じで、技術的にハマってどうしてもわからないときが多々あります。なんてったって僕はへなちょこSEですからね!( ・`ω・´)

 

そんな時、恥を忍んで先輩とかに助けを求めて事象の説明をしていると急に自分で答えがわかってしまう事があるんです。こんな感じで。

 

僕「忙しいとこ、すみません。ちょっと教えて下さい。」

パイセン「うん。」

僕「XXの件、ログ見たら結果はAなはずなのに実際はBなんすよぉ。」

パイセン「うん。」

僕「で、XXがXXなんで、XXって可能性はないんですよぉ。」

僕「さらにXXはXXなんで、、、アレ?いや待てよ?」

パイセン「うん?」

僕「そうか!XXがXXだから、、、つまりXXってことだ!」

僕「なんだ、そういうことかぁ!解決しました!!ありがとうございましたぁ!!」

パイセン「うん。」

 

 

先輩の時間をもらっておいて勝手に自己解決して帰っていくというパターン。

自分の考えでは「

人に説明するために頭の中が整理されて、気付けていなかったことに気づけた」

ということなのかなぁと思ってます。

 

巷でよく言われるアウトプットが大事と言われる理由の一つがまさにこれ。時分の頭の中を整理できる。やっぱり書いたり話したりすることがだいじなんだな。

 

それにしてもこの現象に名前はあるのだろうか?

これってエンジニア特定のものなのだろうか?

 

情報をお持ちの方はコメントで教えて下さい。

 

では、また。

 

 

「生きがいの創造」、読了。

こんにちは、変わる人です。

 

読書の話です。

 

今日やっと読み切った本がこちら。

 

 

[完全版]生きがいの創造 (PHP文庫)

[完全版]生きがいの創造 (PHP文庫)

 

 

僕が参加している心理学講座の先生に教えて頂いた本です。

 

内容は、世界中で報告されている生まれ変わりなどのスピリチュアルな事象を科学的・客観的に分析し、人生をより良く生きるための思考術として整理したものです。

 

先日整体セミナーのメモをまとめたときの記事でも書きましたが、僕の場合本を読み終わった後マインドマップに内容をまとめる作業をしています。

 

kawaruhito.hateblo.jp

 

感想はマインドマップにまとめてから改めて書きたいのですが、一言で言うと

 

人生というものの考え方が変わっちゃいました!

 

 なんというか、ここ最近心理学の本をよく読んでいたのですが、そこに書かれていた事がこの本によってうまく繋がったというか、読んでいたら心にグサグサ刺さりまくりました。

 

扱っているテーマが「スピリチュアル」なので読み手を選ぶかもしれませんが、スピリチュアル関連にアレルギーを持っている人こそ読んでほしい一冊です。

スピリチュアル関連書籍にある「これが心理だから信じて疑うな!」的な盲目で押し付けがましい口調ではなく、世界中の学者が報告している成果を引用しながら科学的に整理しているという本書の特長がアレルギー反応を持つ人には受け入れやすいはずです。

 

「自分の人生このままで良いんだろうか」、「変わらなきゃいけないんじゃないだろうか」と思っている人には何らかのヒントを与えてくれる一冊だと思います。興味がある方は是非読んでみて下さい。

 

では、また。

 

ブログのカテゴリ

こんにちは、変わる人です!

 

ブログのカテゴリを作成しました。

カテゴリって言っても何を作ったらいいのやら。

 

途方にくれててもしょうがないのでググってみると以下のサイトを発見!

 

jisedai-lab.com

 

ふむふむ、たかがカテゴリー、されどカテゴリー。

サイト設計をもとにSEO対策も考慮して設定するわけだな。

 

途端に大仕事になっちまった。

 

こういう時はアレだな。あれこれ考えずとりあえずやってみる作戦だな。

 

ということで、次のカテゴリを作ってみました。

 

・ドヤ

  自慢話。

・ブログ

  このブログに関すること。

・整体

  整体関連。セミナーとか手技とか人体とか

・読書

  最近読んだ本とか。

・どうでもいい話

  後から見返す必要のないどうでもいいこと。

・マジメな話

  後から見返したい、渾身の記事。

・行ってきました

  どこかに行ってきたとか、イベントに参加したとか。 

 

足りなければ都度追加すればいいや!とりあえずこれで行こう!

 

では、また。