変わる人のブログ

より高みを目指す、ワンランク上のおっさんを目指す人のブログです。

人に聞くと自己解決するという現象、アレってなんなの?

こんにちは、変わる人です。

 

人に聞くと自己解決するという時があります。

簡単な例えをすると「実行ログを見ると結果はAなはずなのに実際の結果はB。なぜだ?」

という感じで、技術的にハマってどうしてもわからないときが多々あります。なんてったって僕はへなちょこSEですからね!( ・`ω・´)

 

そんな時、恥を忍んで先輩とかに助けを求めて事象の説明をしていると急に自分で答えがわかってしまう事があるんです。こんな感じで。

 

僕「忙しいとこ、すみません。ちょっと教えて下さい。」

パイセン「うん。」

僕「XXの件、ログ見たら結果はAなはずなのに実際はBなんすよぉ。」

パイセン「うん。」

僕「で、XXがXXなんで、XXって可能性はないんですよぉ。」

僕「さらにXXはXXなんで、、、アレ?いや待てよ?」

パイセン「うん?」

僕「そうか!XXがXXだから、、、つまりXXってことだ!」

僕「なんだ、そういうことかぁ!解決しました!!ありがとうございましたぁ!!」

パイセン「うん。」

 

 

先輩の時間をもらっておいて勝手に自己解決して帰っていくというパターン。

自分の考えでは「

人に説明するために頭の中が整理されて、気付けていなかったことに気づけた」

ということなのかなぁと思ってます。

 

巷でよく言われるアウトプットが大事と言われる理由の一つがまさにこれ。時分の頭の中を整理できる。やっぱり書いたり話したりすることがだいじなんだな。

 

それにしてもこの現象に名前はあるのだろうか?

これってエンジニア特定のものなのだろうか?

 

情報をお持ちの方はコメントで教えて下さい。

 

では、また。